FC2ブログ

ケーキどうでしょう

パティスリー・ド・ロマン 

2019.08.28[水] タンデムで行く弾丸ツーリング

2019年8月21日~23日

せっかくの夏休みでも子供が大きくなるとそれぞれの用事があってみんなのスケジュールはバラバラ。
ケーキ屋さんはお盆は忙しいので世間とは一週間遅らせての夏季休暇を毎年いただいてます。

さてと、久しぶりの一人旅と決め込もうかとさんふらわあ(神戸⇄大分)を予約。
今回も、休みのあまり取れない自分にはありがたい弾丸フェリーだ。(今年2回目)

奥さんも義母の介護とかあって最初は無理っぽかったのですが1日だけならと急遽参戦。
まさかのタンデムツーリングとなった。

九州行きにはとっても便利な神戸六甲アイランド港発大分港行きのさんふらわあ。
船内は大浴場があったりレストランもバイキングでそれなりに楽しい。
いつもなら仲間とワイワイ。今回は奥さんと取り留めのない「オチ」のない話に盛り上がる?(苦笑)
問題は寝れるかどうかにかかってる(笑)

まあいつも寝付いた頃に到着となるわけだがしっかり船内で朝食も取り準備をし車両甲板へ。
大型トラックの「隅っこ」にオートバイは置かれてる。トレーラーとトレーラーの隙間は人ひとりがやっと通れるスペースしかない。そこを身を細くして(細くはならないが・・)愛車の元へと歩いて行く。
これがなんとも「フェリー旅」の儀式のようで実はワクワクする(笑)

早朝の凜とした空気の中、船首の大きく開いた口から飛び出す快感はたまんないです!

大分から別府にかけての景色もとんがり具合の違う山々と温泉の湯気と匂いに気分が盛り上がります。

40分も走ればこの景色!

狭霧台

由布院(湯布院)を一望できる狭霧台だ!

↓写真をクリックすると大きくなります。

狭霧台

天候は「晴れ」 ここ大事!!

狭霧台

ヘルメットの向こうに由布岳が眩しい。

狭霧台

この道はライダーなら誰もが憧れるワインディング。文句なしの快走ロードだ。

さっ、ゴールは決まってる。先を急ごう!

九重夢大吊り橋

涼しいやまなみハイウエイを快走。40分ほどで
日本一の天空散歩道 九重「夢」大吊橋に到着。
どうやら8時30分かららしくしばらく待つことに。

九重夢大吊り橋

私は2年前に行ってるのですが奥さんに見せたくってここに寄り道。
まあガス抜きですね(笑)

ここからはほんの20分ほどでビューポイント「長者原」です。
ここに愛車を停めて写真を撮る。それだけなのですが避けて通れないライダーの性。

長者原

長者原

長者原

長者原

長者原

実はこんな快晴だったのは初めてかも(苦笑)


ここからは九重の山々を越える峠道。
ライダーには嬉しいワインディングの宝庫だ! (動画を観てね!)


今回のメインエベント「黒川温泉」に到着!!

黒川温泉


黒川温泉

温泉入湯手形を買って温泉巡りをします。
※最初に1300円で入湯手形(木製)を買うと3軒の旅館等の日帰り温泉を巡ることができます。
実に今までで300万枚販売されてるそうです!!

黒川温泉

黒川温泉

黒川温泉

黒川温泉

いおり旅館さんのオリジナルなんたらアイスが美味しかったです!!

黒川温泉

ほんとは浴衣でも羽織って散策ってのが理想なんでしょうが・・

黒川温泉

風情あふれる温泉街に癒されます。

黒川温泉

黒川温泉

黒川温泉

黒川温泉

黒川温泉

無事に温泉巡り達成。このようにスタンプが並びます。
旅館のお姉さんが言ってましたが3色スタンプが揃うのは珍しいそうです(笑)
小市民にはそんなこともうれしかったりします。

さてさて我々には時間が無い! (笑)

先を急ごう! ここで13時ぐらいだったような。

温泉巡りが終わった頃から霧雨に覆われる。
標高が高くてどうやら雲の中に居るようだ。しかたなくレインウェアを装着し走り出す。
雨の中の走りはなぜか得意だ! (苦笑) (過去二回とも雨)

大観峰

雲を突き抜け大観峰へ

大観峰

大観峰

大観峰

ここから見える阿蘇の麓は晴れてるようだ!

次なる目的はヒバリカフェ。ここでお昼にしょう。

大観峰からは「カッパ」を着ることなく下りのワインディングを楽しむ。
路面はウエット。
ウエットの走りはもちろん得意だ! (苦笑)

ヒバリカフェ到着!

ヒバリカフェ


ヒバリカフェ

ヒバリカフェ

ヒバリカフェ

ええやん、ええやんこの雰囲気!!

ヒバリカフェ

ヒバリカフェ

ここから阿蘇連山が見える・・はずです。ちょっとガスってました(苦笑)

ヒバリカフェ

ここら辺は阿蘇の水源地としても有名。とにかく冷たくてきもちいい!!

ヒバリカフェ

オーナーはバイク好き。バイク雑誌でもよく取り上げられてます。

ヒバリカフェ

ステッカーもらっちゃいました!

ヒバリカフェ

ヒバリカフェ

ヒバリカフェ

ヒバリカフェ

この写真撮りたかったー!! (笑)

名残おしいけど少し余裕をみても15時30分ぐらいにはここを立たないと帰りのフェリーに間に合いません。

ここからは適度に景色を楽しみながら竹田経由で大分に戻りました。

地元のスーパーで食材を仕入れ乗船です。

大分港

たのしいことはあっと言う間。次もきっとくるよ弾丸フェリーツアー。

大分港

関西行きの紙をミラーに着けて乗船です。


今回のツーリングを動画にまとめてみました。





ご視聴ありがとうございました。


    12:11  Comment : 0  Top

2017.11.26[日] 水曜日どうでしょう~弾丸フェリーで行く九州ツーリング~

2017年11月21日(火)

いつものように仕事を終える。いや、ちょっと早めに終えたころ悪友たちがロマン前に集合。
約束の時間よりちょっと早いぞっ(笑)

19時出航のさんふらわあに乗船するために17時前にロマンを出発。
バイクは出航1時間前の18時乗船開始だ。



この乗船の儀式がたまんないです!

翌日11/22の大分・熊本の天気予報は「雨」

なんの根拠もないが晴れると信じている3人(笑)


船中泊

2017年11月22日(水) そう水曜日だ!
普通に定休日なので罪悪感がない(笑)


まだ真っ暗な大分西港を出発。雨は大丈夫だ!

まずは別府から湯布院へのワインディングを楽しみながら絶景と名高い狭霧台を目指す一行であった。



・・・・ななんと「狭霧台」展望台は先の震災で復旧工事中

狭霧台

とりあえずこの景色は残しておきたい! (笑)

弾丸ツーリング

なんとここから冷たいものがポツリ。

一番楽しみにしてるやまなみハイウエイの前にレインウェアを着込むことになる・・・

この先一回も「カッパ」脱ぐことがないことを一行はまだ知らない。(苦笑)

それどころか雨で10メートル先が見えないやまなみハイウエイを泣きながら走り九重夢大吊橋へ到着。

しかも一般的でない「北入口」にだ

観光客で賑わうメインゲートと違いちょっとわびい雰囲気の「北入口」まあええか!

弾丸ツーリング
まるで戦場カメラマン状態だ(笑)

「北入口」


弾丸ツーリング

この幻想的な絶景も雨のおかげである!

弾丸ツーリング

弾丸ツーリング

弾丸ツーリング

弾丸ツーリング

隙間がまあまあ怖い!!

弾丸ツーリング


次なる目的地はCMでも話題の「鍋が滝」

雨でタンクバックの地図が読めない、ナビを頼りに移動するがこれも全体図がイメージしにくく
正しく向かってるのか不安になる。とかなんとか言いながらも目的地に着く。
まあまあ遠かった件(汗)

うわ~~ええとこやわ~~

鍋が滝

鍋が滝

鍋が滝

鍋が滝

滝の水しぶきなのか雨なのか・・もうなんでもええか! 状態だ!!




次なる目的地はライダーの聖地「大観峰」だ!

「鍋が滝」からはまっすぐ南下で迷うことなく「大観峰」へ到着。

阿蘇の外輪山に立ってる感満載の絶景ポイントだ! だ!!

うーむ。ここも雨なのである。

しかーし、一瞬ではあるが深い雲が晴れて阿蘇の街「内牧温泉」あたりが見えてくる場面も!

「大観峰」

「大観峰」

「大観峰」

「大観峰」

「大観峰」

しばし大撮影大会となる(笑)


ちょうどここでお昼すぎ・・・

大観峰から雨のワイディングロードを駆け降り阿蘇内牧温泉街へ

お目当は「赤牛ステーキ丼」

バイク雑誌BikeJINで予習済み(笑)

内牧温泉

ボリュームがあって肉も柔らかくて絶品!!

内牧温泉

お漬物も取り放題!!

内牧温泉

これも激ウマ!!

お土産に買ってかえりました(笑)

内牧温泉

お店の雰囲気もよくまた訪れたいお店に!

やまいちさんの外観

内牧温泉

なんで水曜(日)どうでしょうなのかっと言うとこれ。

水どう藩士ならわかりますよね!! (笑)

姫ダルマ

やまいちさんの店内で見つけた時は嬉しかったー。


帰りに黒川温泉と洒落込みたかったのですが雨でペースがあがらないことや

流石の人気温泉街の待ち時間等を考えると18時のフェリーに間に合わないかもとの判断で

別府で時間調整することに。

走行シーン


黒川温泉は次回のお楽しみに置いといて高速を利用して時間のショートカット(笑)

大分

別府の竹瓦温泉へ。ここがまた渋い!!

冷え切ったカラダを温めて我々一行の旅はエンディングへ。


翌日

6時20分に六甲アイランド港入港。

8時から何事もなかったように仕事をするのであった。(笑)


また行きたーい!!

晴れてる日にね。(苦笑)










    16:06  Comment : 0  Top

2017.07.30[日] 赤目四十八滝ツーリング

2017年7月30日
バイク仲間と赤目四十八滝へツーリング。
初めての場所でワクワク。

なぜかいつものように先導役(苦笑)
まっ、地図を読みながら走るのは得意かも。

目的地までのほぼ7割は高速移動なので脱落者(行方不明者)を出さないよう
ペース配分はむずがしい。
バックミラーを見ながらヘルメット(あたま)数を数える(笑)


赤目四十八滝

夏のツーリングにふさわしい涼しげな滝のオンパレード。

赤目四十八滝

しかしなかなかの山登り・・・苦笑。

赤目四十八滝

重い一眼を持って行ってるので写真にもこだわりたい(笑)

赤目四十八滝

赤目四十八滝

赤目四十八滝

赤目四十八滝

赤目四十八滝

赤目四十八滝

赤目四十八滝

仲間と童心に帰ってワイワイとバイク談義。

趣味を通じた交流。背伸びをしなくていいよなぁ~

バイクのススメでした!!
    00:18  Comment : 0  Top

2017.04.20[木] 吉野の千本桜

何年も前からずっと行きたいと思ってた吉野の千本桜。

交通規制でずっと敬遠してきた吉野山。

2017年4月19日(水) 最高のツーリング日和。えーい!! 
とりあえず行ってみた。

吉野山

「一目千本」豪華な桜が4ヶ所に密集。下千本、中千本、上千本、奥千本と呼ばれる。

吉野山

↑ 参道と並行して走る綺麗に整備されたワインディングロードから上千本望む。
自家用車の場合は基本ここからアプローチするといい。

このワインディングロードの終点は有名な「トンネル」だ。
ここからは下千本、中千本と合流するいわゆる参道ルート。
ちなみにトンネルは「中千本」上部に位置する。

マップ

実は平日は行けなくもない。クルマだとちょっと駐車に困るかな。
さてここからは一方通行の周回路に入り奥千本へ向かう。クルマ一台がようやく通れる細いつづら路。
一部ガードレールもないので崖下は見ない方がいい(笑)

ちなみに下千本、中千本はこの時期は歩行者天国のため車両は進入禁止。(参道ルート)

観光の皆さんは中千本の上部から小型のマイクロバスが奥千本まで運んでくれるようだ。
しかし長蛇の列。その長蛇の列を横目にマイバイクは遠慮がちに奥千本へ向かうことに。
まるで凱旋パレードだ(笑)

20分くらいで奥千本頂上付近に到着。車の駐車スペースなど無い!!
路肩に停めるのもはばかれるのでしばらく下って行くとぬかるんではいるが車2台分ほどのスペースがありここに少し駐車させてもらうことに。
・・・のちに大変なことになるが(苦笑)

奥千本

15分ほど歩く・・いや登山する。ライダーズシューズに革パンに革ジャン・・
かなり浮いてる感満載。顔から湯気が出る前に何とか登頂(笑)

奥千本

頂上感バッチリの景色に満足も、私が思ってた(見てみたい)景色ではない。

↓この眺望が見れるのと思ってたけどここでは無いようだ。
ネットから
↑(ネットから拝借)

さてと・・バイクを置いた場所に戻ってみると隣に車が駐車してる!
それは仕方がないがバイクを転換するスペースがない。
何を隠そうバイクにはバックギアがない!(笑)
ぬかるんだその場所で押したり引いたり
これが動かん! バイクにまたがりエンジンの力を利用してアタマを登斜面に突っ込みその戻る力で転換を試みる。
坂道でよくやる手だ(大型バイクに乗ってると取り回しでよくやる技術)
ネットから
つまりフロントフォーク縮めて戻る力を利用するのさらに登り斜面を利用する版(笑)

ようやくこの手で脱出成功!! あっぱれ自分!!!

てかこんなとこで転んでたまるかっ!!

さてと、坂を登るより汗をかいたわけで・・気をとりもどして下山だ。

上千本

この上千本の中を縫うように降りてくる(あとで気付いたのだが)

上千本

ところどころ絶景が広がるが急斜面と人混みで駐車できずに人混みに揉まれて下山。

あろうことが絶景が見れるあれほど楽しみにしてた花矢倉展望台を通過してしまう。
なんども言うがバイクにはバックギアはない(苦笑)

人生と全く同じだ!!


それよりびびりまくりなのは、ほぼUターンな激坂ヘアピンカーブ。
前歩く人が立ち止まるとカクンとブレーキを握る、即転倒な風景が目に浮かぶ(笑)
ネットから
急斜面のカーブではこの状況下におかれてる。

つまりこの場合右足は地面に届かない!!

冷や汗モノでようやくトンネルまで下山。

その写真が冒頭の一枚だ。

吉野山

ようやくの写真タイム(笑)

吉野山

気持ちよくバイクの醍醐味ワテンディングを楽しみながら次なる目的地へ。

又兵衛桜

又兵衛桜

又兵衛桜

さっきのバイクの転換に戸惑ってるの間に散ってしまったようだ(涙)

又兵衛桜

まあ雰囲気は伝わる! 目を細めてみると咲いてるように見えなくもない(笑)

又兵衛桜

この子はまだ咲いてるよね!

又兵衛桜

愛車と一緒収まれるのはポイント高いよね!

又兵衛桜


珍道中におつきあいくださりありがとうございました。

総走行距離270km。

程よい疲労感に夜はぐっすり寝れました。

ああバイクって楽し!!


















    15:58  Comment : 0  Top

2015.12.09[水] 走り納め?「かきおこツーリング」

バイク仲間と、おそらく走り納めの「かきおこツーリング」(笑)

かきおこツーリング

日生のお好み焼き屋さん「タマちゃん」までひとっ走り(笑)

美味しかったー!!

かきおこツーリング

せっかくなので日生港まで。

かきおこツーリング

かきおこツーリング

かきおこツーリング

ほんと景色最高で癒されます。

かきおこツーリング

新しくできたなんたら橋で撮影大会(笑)

かきおこツーリング

かきおこツーリング


かきおこツーリング

帰りに姫路城に寄り道。愛車と一緒に姫路城(笑)

ここなかなかオススメ!!


かきおこツーリング

高校時代の仲間と童心に帰ってのバイク旅・・・

これかもこんなワクワクを大切にしつつ・・・。


    22:40  Comment : 0  Top

2015.09.25[金] 大台ケ原ツーリング

2015年9月23日(晴れ)

前から一度行ってみたかった大台ケ原へ仲間とツーリング。

大台ケ原ツーリング
Canon EOS M

朝から快晴である! もちろん目的地「大台ケ原」もである!

空が青い! こんな感じである。↓

大台ケ原へツーリング
Canon EOS M

こんな感じである! ↓

大台ケ原へツーリング
Canon EOS M




しかーし!!

おや~! 山上駐車場の手前3つぐらいのカーブから雨がパラパラ。。。。

大台ケ原へツーリング
Canon EOS M

カッパを着るまでもなく到着(苦笑)

大台ケ原へツーリング
Canon EOS M

雨というか完全に雲の中へ突入したようだ! (苦笑)

雨宿りをかねてお昼にすることに。

大台ケ原ツーリング
Canon EOS M

まあこれが大台ケ原のイメージではある。

大台ケ原へツーリング
Canon EOS M

標高1500mはかなり寒い!

大台ケ原へツーリング
Canon EOS M

大台ケ原へツーリング
Canon EOS M

ワックスの効いた愛車の水滴が可愛い(笑)

大台ケ原へツーリング
Canon EOS M

最速の勲章もなんだかもの悲しいな

大台ケ原へツーリング
Canon EOS M

大台ケ原へツーリング
Canon EOS M

大台ケ原へツーリング
Canon EOS M

大台ケ原へツーリング
Canon EOS M

とりあえずこれが撮れたからよしとしよう!(笑) ↓

大台ケ原へツーリング
iphone 5S




少し下った展望台は降ってないとの情報を元に大台ケ原を後にする(笑) 

3分ほど走ったら雨は止んでいる、というか路面もほとんど濡れていない!

さすが日本一の降水量を誇る大台ケ原である!

スポットで降っていたのだ!!


自慢の愛車を綺麗に並べて撮影大会! (笑)

みんなのいてのいて!! バイクだけをカメラに収める(笑)

大台ケ原へツーリング
Canon EOS M

しかし雲は多し!

大台ケ原へツーリング
Canon EOS M

みんなでだべってると見る見る晴れて来るではないか! 山の天候は面白い!!

晴れてきたので青空をバックに記念撮影。

大台ケ原へツーリング
Canon EOS M


動画はしげぞーくんのBlogから!


ああバイクって楽し!!
    00:04  Comment : 0  Top

2015.05.13[水] 淡路島は近い!

休みの日の朝。あまりのいいお天気に誘われてプチツーリング(笑)

かつては近くて遠い淡路島・・・だった。

しかし明石大橋の料金改定でぐ~んと身近になりました。
バイクだとETC利用で750円で渡れちゃいます。

淡路島へ

淡路島へ

須磨からだとほんの30分ほどでこの花園へ(笑)

淡路島へ

淡路島へ

淡路島へ

淡路島へ

淡路島へ


今、淡路島が面白い!!


    22:23  Comment : 0  Top

2015.04.29[水] 隼駅へ

昨年末に友達が隼を買ったので案内してきました(笑)

隼駅へ

隼の聖地・・・今日はやはり隼くんが主役です。

隼駅へ

ちょっとお邪魔(笑)
隼駅へ

V魔くんもかっけーな!

隼駅へ

駅前の「HOME8823」でランチ。

隼駅へ

隼駅へ

帰りはワインディングを楽しみながら峰山・砥峰高原へ

隼駅へ

3台の総排気量はなんと4,200ccである!! (笑)

隼駅へ


隼駅へ

隼駅へ

隼駅へ


隼駅へ

ああ、バイクって楽し!!












    22:01  Comment : 0  Top

2015.04.26[日] 仲間と蒜山・大山ツーリング

蒜山・大山ツーリング

蒜山・大山ツーリング

蒜山・大山ツーリング

蒜山・大山ツーリング

総走行距離480Kmなり~(汗)
    21:55  Comment : 0  Top

2015.02.06[金] Ninja H2 & H2R

生で見たいと思ってたバイク。

Ninja H2 & H2Rを見て来た! (カワサキワールド 2015.2.4)

Ninja H2 & H2R

Ninja H2 & H2R
Ninja H2Rはカウルがカーボン!

Ninja H2 & H2R
こちらはNinja H2  川崎重工のエンブレムが渋すぎ!!

Ninja H2 & H2R
エキパイもチタン。

ちなみに僕のZZR1200もチタンのに改装してるがこんなに綺麗に焼けていない(笑)

Ninja H2 & H2R
スペックに目が行きがちだが、この高品位塗装は美しすぎる!!

Ninja H2 & H2R
ブレーキキャリパーもブレンボのラジアルマウントがおごられている。

Ninja H2 & H2R
強大なパワーを担う極太タイヤと片持ちスイングアーム。

Ninja H2 & H2R
H2Rでは300PSを発揮されるというスーパーチャージドエンジン!! (1000cc)

非常にコンパクトな印象。

Ninja H2 & H2R
市販車H2の巨大なマフラー。インナーバッフルのデザインに注目!!

まっ、H2Rのショートマフラーの方が断然かっこいいが排ガス規制があるもんね。

Ninja H2 & H2R
このバイクの一番興味があるのがこのフレーム。

やたらかっこいい!! スーパーヂャージャー要らんから時期Ninja1000はこのフレームで来てほしいと妄想をふくらませてみる。(笑)

Ninja H2 & H2R
どことなく「和」を感じさせるダースベイダーな顔。

バイク界のフェラーリとも言われるNinja H2 & H2R

コスト度返しの夢の詰まったマシン。

あごがれのままの方がいいのかも知れない(笑)

Kawasaki乗りとしても自慢のマシン。

製造に関わった重工のスタッフの子供のような目が浮かぶ作品。

久しぶりに心踊るバイクに出会えた。

さて、我が愛車Kawasaki ZZR1200も磨いでやろっと!!

Ninja H2 & H2R






    23:26  Comment : 0  Top
プロフィール

surubon

Author:surubon
仕事:パティシェ
趣味:バイク、写真
Mac大好き!
水曜どうでしょうファン



twitter
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
Pagetop